記憶力は睡眠の質や音楽、匂い、ストレスによっても変わる

記憶力には個人差があるようで、すんなり覚えられる人もいれば、なかなか覚えられない人もいます。記憶をつかさどるのに重要なのは、脳の中にある海馬で、海馬が正常に機能していれば、記憶も良くなるのです。海馬はストレスに弱く、悩み事で頭がいっぱいになっていると、海馬は本能的に記憶するのを拒む傾向があり、記憶力が悪くなってしまうのです。人間は、過去に嫌な思い出と、楽しい思い出があると、優先的に楽しい思い出が記憶され、嫌な思い出は消去する傾向にあります。それは、いつまでも嫌な思い出を引きずっていると、生きているのがつまらなくなってしまうからです。ストレスには、睡眠の質も大きな関係があります。寝てもすぐに起きてしまったり、悪い夢ばかり見て熟睡できなかったりでは、体の疲れが取れないばかりか、ストレスが余計に溜まってしまいます。寝る前にゆったりとした音楽を聴くとか、アロマの匂いを嗅いだりして心をリラックスさせると、すんなり質のいい睡眠がとれるようです。記憶力は年をとっても若いころでも変わらないという人もいますが、現実には物忘れは年を取ることによってひどくなるようです。そう感じるのは、脳自体はタフなため変わらないのに、血管が硬くなり新陳代謝が悪くなり、情報伝達がうまくいかなくなると言われています。認知症になると、頭をMRIで見ても、海馬の萎縮が確認されるのが医学的にも証明されています。家族の顔さえ忘れてしまうとか、食事を食べたことも忘れるほど病的に記憶の障害が出るようだと病院に行って検査しなければなりません。脳梗塞や動脈瘤などの可能性もあり、体が健康な状態でなければ記憶力も低下してしまいます。現代はストレス社会と言われ、パソコンを四六時中打っていたり、パワハラやコンプライアンスといったことも負担になり、知らぬ間にストレスをため込んでしまったりしています。記憶力が低下したと思ったら、ストレスが溜まっていないかストレスチェックをした方が良いかもしれません。

 

 

 

 

記憶力が悪いと感じたり、昔は良かったけど徐々に落ちてきたと感じているのであれば、脳細胞を活性化させる成分配合のサプリメントがおすすめ!効果や継続性、安全性を考慮したランキングでサプリを紹介しています☆ >> 記憶力が悪い対策にサプリメントがおすすめ!脳の血流改善で活性化!