喫煙や飲酒と記憶力の関係は?

多量の飲酒や喫煙は体に良くないとされていますが、記憶力にも影響を与えるとされています。喫煙は呼吸器疾患や動脈硬化、ガンなどの原因になってしまうこともあります。集中力が高まったり、ストレス解消になるという人もいるかもしれませんが、これはニコチンの作用とされています。ニコチンは脳に入ると10秒程度で脳に影響を与えるとされており、神経伝達物質と結びつくことで脳が覚醒します。そのため集中力が増してすっきりしたような感じになるのですが、この効果は10分程度で無くなってしまいます。このような作用があるので依存性に繋がってしまいますし、ニコチン中毒に繋がってしまうこともあります。喫煙には一時的な集中力の高まりや気分転換という効果はありますが、依存性が高くなってしまうことや脳に対する悪影響などもあることを知っておきましょう。また、喫煙は一酸化炭素による血流の減少と酸素不足を引き起こすということです。脳は筋肉組織とは違って酸素を溜め込むことができないため、酸素不足の影響を最も受けやすいということです。脳は必要とする酸素の量が多く、体内に取り込まれる酸素の25%は脳で消費されると言われています。喫煙によって一時的に集中力が増すなどの効果があったとしても、情報処理能力や学習効率、記憶力、知能の低下などが起こってしまったらあまり意味がないでしょう。飲酒についても喫煙と同じように脳に対して悪影響を与えることが分っています。継続的な飲酒を行うことで脳委縮の危険因子になってしまうことが分っており、過度な飲酒は避けた方が良いでしょう。飲酒にはストレス発散などの効果もありますし、コミュニケーションのために飲酒している人もいるかもしれません。また、ワインにはポリフェノールなどの効果も得られるということですが、喫煙と同じように依存しやすいことやガンなどの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。また、記憶力の低下にも繋がるということです。

 

 

 

 

記憶力が悪いと感じたり、昔は良かったけど徐々に落ちてきたと感じているのであれば、脳細胞を活性化させる成分配合のサプリメントがおすすめ!効果や継続性、安全性を考慮したランキングでサプリを紹介しています☆ >> 記憶力が悪い対策にサプリメントがおすすめ!脳の血流改善で活性化!